2017年01月06日

ロッド組み上げ初完成

 対岸斜め下流45度に投げて、ザザーーっと流れをまたいでフライを流すのがウェットフライの釣りだと思ってて、こんなので釣れんのか?と疑いながら真似事をしていたんです。それでもたまに釣れてたし。活性が高い時にたまーに。

しかし最近、ウェットフライの名手の釣りを目の前で見る事が出来ました。ピンポイントにナチュラルドリフトで流し、解説をしながら目の前で釣って見せてくれた。(スレスレの鱒相手に)

その方が使ってた竿が9ft5/6にフローティングのDTライン。この釣り方にとてもマッチしているように見える。私も欲しい!そんな竿が!足りないのは腕じゃない!竿だ!…(解ってます腕です)

よーーし。未だに完成させた事がないブランクから組み上げを今回こそ完成させる!


3B636EC8-2CEF-4DD5-BB41-5CDA763677F2.jpg

格安で手に入れた9ft5/6のブランクと、整形済みグリップ、ガイド、スレッド、合計で7000円くらい。リールシート、スレッドコートは前回の余りを使用。ファイティングバットは自作。

で、完成!


2957CDAF-FDC9-446C-9538-628C706755B9.jpg

リールはオービスのバテンキルラージアーバー3/4なんだけど、かなり大振りなので丁度良さそう。バッキング無しでWF5Fがぴったり収まった。バッキング必要かな…もしもの時は私が川に入るか(大物が掛かったらね)。


ラインキャパの少ないリールは大物とのリールファイトで、スプールの片側にラインが寄るとラインで詰まってリールが巻けなくなる…らしい。勿論、人から聞いた話です。心配事のレベル高過ぎ( ´)Д(`)




posted by キシノ at 15:06| Comment(0) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェットフライタイイング勉強中


久しぶりのブログ更新ですが、変わらず毎週釣りには行ってます。

それと私のウェットフライが、劇的に進化しました。いや本当に。今までのはこんな感じ。

D554A943-90F7-4F91-BA17-9FD7E51B9D2E.jpg

3FD82DB6-78A8-4812-9B82-E7D65E245A3B.jpg



こんなのUPするなんて恥ずかしい限りなんですが(汗)…しかしなんで私が巻くウイングの後ろ下側が尖ってしまうのか。お手本のフライは楕円形。それにシャンクと並行。もしかしてウイング留めた後に楕円にウイングを切ってんの?バーントウイングみたいな道具があるのか?…そんなのタイイング教書になかったぞ。んーー。そんな低レベルな悩みを抱えていた、ある日のお昼休みに気づいてしまった……



B8BA7392-00A6-456A-AD82-D5B083C9647F.jpg



…もしかしてオレ、ウイングを上下逆さに留めてたの!?これでウイングの後ろを下げれば楕円になりそう。

仕事から帰って直ぐに巻いてみた。


8EA82E3D-6C1B-4324-98F5-8D52E53FAFD8.jpg

まだ尖ってて、お手本の楕円には程遠いけど、これだ!絶対!嬉しい反面…自分のアホさ加減に驚く。その夜、ボックスいっぱいの、ウイング逆さに留めたフライを全部ほぐしました。

192D4893-FC70-4077-8031-A9FEA6844896.jpg


そして最近巻いたフライ。劇的に進化した!は言い過ぎでした(大汗)。まぁ、フツーの初心者になれたって事で良しとします。

2017年も宜しくお願いします。
posted by キシノ at 13:57| Comment(0) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

多摩川で鱒釣り


ある日の昼休みに気になっていた川を覗きに行って来ました。


th_IMG_6544.jpg


橋げた付近を見ると鮎が沢山群れている。大きな鮎があんなに群れて泳いでたら鮎の友釣りは成立するのかな。アレで縄張りがあるのかな?なんて、それより私が探してるのは鱒だ。お昼休みは短い。


th_IMG_6547.jpg



橋げたの両脇には障害物があり、その間に緑色の背中に黒い斑点までキッチリ見える鱒を2匹発見!大きい方は30センチは越えてるだろう。



th_IMG_6550.jpg


......そして、さっそく翌朝に行って来た!ヒマなワタシは行動が早い。


食ってくるだろう、イチバンおいしいゾーンを流し切り、諦めかけたキャストの着水と同時にウエットフライにライズ!!瞬時にラインを手繰っても、たるんだラインを引っ張るだけで魚を掛ける事は出来なかった。あちゃー・・・。



th_IMG_6562.jpg


.....そして、その翌日にリベンジに行って来た!ヒマなワタシは行動が早く、さらにしつこい。


橋げたの障害物に引っ掛けたらオワリなんで、ラインの長さを一定にじりじりとキャスト&ステップダウン。おいしいゾーンに差し掛かった瞬間、グーーーーーン!とキタ!があんまり引かない。釣りあげたのは25センチ位のニジマス。下見で見つけた2匹の鱒の小さい方が食ってきたのか(心残り)



th_IMG_6563.jpg


釣れてくれたのに雑な写真でごめん!


緑の寄生虫みたいなの5〜6匹見えます?ヤツらを取り除いてやろうと、1匹取っただけで暴れて逃げてしまった。ランディングネットがあれば写真も丁寧に撮るし、寄生虫も全部取り除いてやれた...インスタネットを買おうと決心。


下見して、魚の着き場と障害物を把握して、釣り方を考えて、実際に魚が釣れた事が嬉しかった。

posted by キシノ at 23:26| Comment(4) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする