2017年01月06日

ロッド組み上げ初完成

 対岸斜め下流45度に投げて、ザザーーっと流れをまたいでフライを流すのがウェットフライの釣りだと思ってて、こんなので釣れんのか?と疑いながら真似事をしていたんです。それでもたまに釣れてたし。活性が高い時にたまーに。

しかし最近、ウェットフライの名手の釣りを目の前で見る事が出来ました。ピンポイントにナチュラルドリフトで流し、解説をしながら目の前で釣って見せてくれた。(スレスレの鱒相手に)

その方が使ってた竿が9ft5/6にフローティングのDTライン。この釣り方にとてもマッチしているように見える。私も欲しい!そんな竿が!足りないのは腕じゃない!竿だ!…(解ってます腕です)

よーーし。未だに完成させた事がないブランクから組み上げを今回こそ完成させる!


3B636EC8-2CEF-4DD5-BB41-5CDA763677F2.jpg

格安で手に入れた9ft5/6のブランクと、整形済みグリップ、ガイド、スレッド、合計で7000円くらい。リールシート、スレッドコートは前回の余りを使用。ファイティングバットは自作。

で、完成!


2957CDAF-FDC9-446C-9538-628C706755B9.jpg

リールはオービスのバテンキルラージアーバー3/4なんだけど、かなり大振りなので丁度良さそう。バッキング無しでWF5Fがぴったり収まった。バッキング必要かな…もしもの時は私が川に入るか(大物が掛かったらね)。


ラインキャパの少ないリールは大物とのリールファイトで、スプールの片側にラインが寄るとラインで詰まってリールが巻けなくなる…らしい。勿論、人から聞いた話です。心配事のレベル高過ぎ( ´)Д(`)




posted by キシノ at 15:06| Comment(0) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: