2016年07月29日

多摩川で鱒釣り


ある日の昼休みに気になっていた川を覗きに行って来ました。


th_IMG_6544.jpg


橋げた付近を見ると鮎が沢山群れている。大きな鮎があんなに群れて泳いでたら鮎の友釣りは成立するのかな。アレで縄張りがあるのかな?なんて、それより私が探してるのは鱒だ。お昼休みは短い。


th_IMG_6547.jpg



橋げたの両脇には障害物があり、その間に緑色の背中に黒い斑点までキッチリ見える鱒を2匹発見!大きい方は30センチは越えてるだろう。



th_IMG_6550.jpg


......そして、さっそく翌朝に行って来た!ヒマなワタシは行動が早い。


食ってくるだろう、イチバンおいしいゾーンを流し切り、諦めかけたキャストの着水と同時にウエットフライにライズ!!瞬時にラインを手繰っても、たるんだラインを引っ張るだけで魚を掛ける事は出来なかった。あちゃー・・・。



th_IMG_6562.jpg


.....そして、その翌日にリベンジに行って来た!ヒマなワタシは行動が早く、さらにしつこい。


橋げたの障害物に引っ掛けたらオワリなんで、ラインの長さを一定にじりじりとキャスト&ステップダウン。おいしいゾーンに差し掛かった瞬間、グーーーーーン!とキタ!があんまり引かない。釣りあげたのは25センチ位のニジマス。下見で見つけた2匹の鱒の小さい方が食ってきたのか(心残り)



th_IMG_6563.jpg


釣れてくれたのに雑な写真でごめん!


緑の寄生虫みたいなの5〜6匹見えます?ヤツらを取り除いてやろうと、1匹取っただけで暴れて逃げてしまった。ランディングネットがあれば写真も丁寧に撮るし、寄生虫も全部取り除いてやれた...インスタネットを買おうと決心。


下見して、魚の着き場と障害物を把握して、釣り方を考えて、実際に魚が釣れた事が嬉しかった。

posted by キシノ at 23:26| Comment(4) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チョウモドキですね
フォーセップで剥がすのが一番簡単ですかね
Posted by at 2016年07月30日 14:35
コメントありがとうございます。
なるほど!フォーセップで使うのが魚にもダメージ少なく良さそうですね。
次に釣る鱒(大きい方)にも着いてたらフォーセップ使ってみます^^
Posted by キシノ at 2016年07月30日 21:53
おめでとうございます!(^^)
段々とウエットの釣りが板についてきた感じですね!
今年の奥多摩川は尺オーバーのヤマメが釣れているようです。
頑張ってくださいね!
縄張りを持たない群れ鮎は難しいです。。
(仲良くいっしょに泳いだりします。。)
Posted by vivipapaT at 2016年08月01日 22:54
VIVIさん、ありがとうございます^^
たまたまかも知れませんが狙った魚を釣れたのが嬉しかったです♪リードフライのBHニンフに掛かりました!ドロッパーのウエットフライに食ってくれたら嬉しさ倍増だったのですが。
奥多摩川の尺ヤマメも狙ってみたいですが、日釣り券が2,000円ってのが足を遠ざけます…山梨に行く高速代だと思えばなんて事ないんですけどね^^;

やはり仲良し鮎は難しいんですね(汗)
Posted by キシノ at 2016年08月02日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: