2017年03月21日

桂川でウエットフライ


 今季初めての桂川に行ってきました。家庭の事情で釣りに行く回数が激減してますが、鮎の友釣りが始まるまでは桂川を攻めるつもり。3連休の最終日、真っ先に目指したのは初めての岩殿山。5時半頃に着くもクルマも釣り人も誰もいない!解禁したばかりの連休なのに!?今日はツイてる!


th_IMG_8836.jpg


減水してるようだけど、大岩にぶつかり流れるこの感じこそ思い描いた桂川。…落ち込みの脇からラインを送り込んで……ガツーーーン!!ってのが私の理想。イメージね。


良さそうな流れは続いて、ポイントの連続。


th_IMG_8839.jpg


バブルレーンを流して行けば、岩の下から黒い影がギラッ!!っと出て来そうだし。


th_IMG_8841.jpg


落ち込みの女波に任せて、フライをぶっつけの岩の下に送り込めば……


全然釣れない!! どーした桂川!いや、自分のイメージが都合良過ぎるのは、まぁ…分かってるけど、それに思い通りにフライが流れてないとか…。しかしこれ程反応がないとは!イクラを見飽きた鱒の1匹でも掛からないもんか。


th_IMG_8842.jpg


カスリもしないままお昼になってしまった。クルマに戻ろうかと思っていたら、餌釣り師がふらっと道から降りてきて、一投目でヤマメを釣り上げた。私だったら写真をバチバチ撮りたい良型ヤマメは、魚籠にスポーン…オレのフライを食ってれば口内炎ぐらいで済んだのに。クルマに戻ろう。

お昼を買いながら下流の猿橋周辺に来てみた。こっちは釣り師は増えるが、時たま鱒も見えるしプールではライズも散見。目の前の流れの緩いプールでライズがあったので、どうせ見切られるだろうと流したら1発で釣れた。


th_IMG_8878.jpg


ちっさいですが桂川で今季初ヤマメ。

思い描いた釣り方とはだいぶ違うけど、なんとか参加賞のようなヤマメが釣れました。暖かくなった時期の夕マズメにウエットフライを流すのが良いそうだが、夕マズメは釣りに来れないんです。朝でも昼でも私のフライを食ってくれる寛大な鱒がいると信じて、また時間を見つけて行って来ます。


posted by キシノ at 22:11| Comment(3) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする