2016年07月29日

多摩川で鱒釣り


ある日の昼休みに気になっていた川を覗きに行って来ました。


th_IMG_6544.jpg


橋げた付近を見ると鮎が沢山群れている。大きな鮎があんなに群れて泳いでたら鮎の友釣りは成立するのかな。アレで縄張りがあるのかな?なんて、それより私が探してるのは鱒だ。お昼休みは短い。


th_IMG_6547.jpg



橋げたの両脇には障害物があり、その間に緑色の背中に黒い斑点までキッチリ見える鱒を2匹発見!大きい方は30センチは越えてるだろう。



th_IMG_6550.jpg


......そして、さっそく翌朝に行って来た!ヒマなワタシは行動が早い。


食ってくるだろう、イチバンおいしいゾーンを流し切り、諦めかけたキャストの着水と同時にウエットフライにライズ!!瞬時にラインを手繰っても、たるんだラインを引っ張るだけで魚を掛ける事は出来なかった。あちゃー・・・。



th_IMG_6562.jpg


.....そして、その翌日にリベンジに行って来た!ヒマなワタシは行動が早く、さらにしつこい。


橋げたの障害物に引っ掛けたらオワリなんで、ラインの長さを一定にじりじりとキャスト&ステップダウン。おいしいゾーンに差し掛かった瞬間、グーーーーーン!とキタ!があんまり引かない。釣りあげたのは25センチ位のニジマス。下見で見つけた2匹の鱒の小さい方が食ってきたのか(心残り)



th_IMG_6563.jpg


釣れてくれたのに雑な写真でごめん!


緑の寄生虫みたいなの5〜6匹見えます?ヤツらを取り除いてやろうと、1匹取っただけで暴れて逃げてしまった。ランディングネットがあれば写真も丁寧に撮るし、寄生虫も全部取り除いてやれた...インスタネットを買おうと決心。


下見して、魚の着き場と障害物を把握して、釣り方を考えて、実際に魚が釣れた事が嬉しかった。

posted by キシノ at 23:26| Comment(4) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

ウェットフライ見習い中


 連続で行って来ました桂川。今さら都留漁協の年券も買ってしまった。前回は泊まりでしたが、通常はイブニングどころか午後の釣りは自粛してるんです。家庭の事情で。そんなワケで朝イチが私の勝負!暗いうちに準備を済ませて、空が明るんできたらすぐに入渓して流し始める。某所で頂いたアドバイスにより、この日はフローティングラインを使ってみました。


th_IMG_6429.jpg


水面直下をリトリーブ中に水面を割ってでた!最高に気持ち良い ( ´_ゝ`)

このあとに20センチちょっとのニジマスを2匹釣って反応が悪くなったので終了。まだ8時頃だったけど、急激に魚の反応が悪くなるのを感じた。ここでシンキングラインに変えてたらもっと釣れてたかな。そもそもフローティングラインで良いんだと教えて頂いたアドバイスはイブニング限定の話だったのかも知れない。まぁ、何より自分でやってみれば良いか。

th_IMG_6363.jpg

タイイングでも某所にてアドバイスを頂きまして、劇的に改良されたウイング(自画自賛)。ウイングが良い具合にボディに被り、固定出来た気がする。もっともっと巻きたいのだけど、私の部屋にエアコンが無いんです.....( ´)Д(`)


posted by キシノ at 00:00| Comment(2) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

桂川に一泊釣行


 向かうのはやはり西桂地区の桂川。誰に聞いても、あそこはイブニングだよねーと言うんです。そんなに凄いのか…夕方まで釣りして、思ったほど(曖昧)釣れなかったら一泊してくるからと出掛けた。

th_IMG_6373.jpg

(たまーに良い感じに巻けた気がする何本かを、恥ずかしながらUP...これでも綺麗に巻けた方です(汗)


今回の釣行に関して、全ては他所様のサイトからの情報ですが上流から寿堰堤→高速道路下→ふれあい公園前…とポイントだそうなので、その通りに釣り下ろうと思ったが、まず寿堰堤がどこから入ったら良いのか分からずにグルグル回って、ついには諦めて、高速道路下へ入渓する事にした。


th_IMG_6380.jpg

ここよりちょっと下ると、すぐに高速道路の高架下でした。



……今、気付いて消したんですが、もの凄い長文でダラダラと書いてしまったので、サラッと書く事にします。


結局、午前の釣りでは釣り人が多く、ふれあい公園まで辿り着けず、さらに釣果もなく終了。…この時点でもう泊りが見えてきた。


th_IMG_6398.jpg


噂のイブニングには、イチバン綺麗に巻けたマーチブラウンを結んで、リードフライには安定のオーストリッチのBHニンフ。しかしブログ書いてる今見直すと、スロート?ハックル?長過ぎかな。


日の入りは19時だけど18時過ぎにポイントに到着。まず釣り下って、暗くなったらまた上がってくれば良いかと思ってたら、フライマンがポイントに入って、座り込んでしまった。あちゃー!こういう釣り方が正しい桂川のイブニングなのか…。もうこの日は諦めて、泊まってくるよと妻にライン。

th_IMG_6400.jpg


こうして得るもの無く一日目を終わった。明日は釣果を出したいところ。この日はテントも貼らず、夕飯も作らず、ただクルマで寝るだけ。その代わりに河原にイチバン乗りが約束されるだろう。

翌朝、3時過ぎに目を覚まして河原に行くと、もう居る!暗い中に釣り人が!もうそれって夜釣りじゃないの!って私も釣り竿持って人の事言えない(大汗) 


th_IMG_6387.jpg


昨日、下見した良さそうなプールで夜明けを待って釣り開始。開始早々、桂川らしい体高のあるヤマメがきた!サイズは20センチちょっとだが、この体高は凄い!こんなのが大きくなるんだろうな。


th_IMG_6409.jpg


…そして、気づくと下流には釣り人&釣り人。頭ハネとかそんな事でなく、本流の釣りってのは、こーいうもんなのだろうなと思って、私も道路にあがり適当に距離を取って入渓したらめっちゃ睨まれた。えーーだってあなただって私の下流に入った訳なんだしさー(泣

ちょっと釣りして休憩に道路にあがったら、何だかヤル気が失せてしまった。※睨まれてビビった訳じゃないんだから。ホント二。

もうどこに入っても、人が入った後でプレッシャーが高いだろう……まだ8時前だ!イワナ釣りに行こう!と大急ぎでクルマ止めに着くと先行者ナシ!良かった。ウェーダー履いてベスト着て、竿がない事に気づいた。10ftのスイッチロッドでも……いやムリだ。もう帰る!

結局ダラダラ書いてしまったが、桂川一泊釣行、終わり。

posted by キシノ at 12:06| Comment(2) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする